【ウィーンっ子の休日】夏限定のおすすめ穴場スポット3選

【ウィーンっ子の休日】夏限定のおすすめ穴場スポット3選

こんにちは、パリ在住フリーランスライターのnatsumi(@natsumiinparis)です。

週末に友人を訪ねるため、ウィーンに行ってきました!

前回訪れたのはクリスマスシーズンだったため、

夏のウィーンははじめて。

ヨーロッパの夏は、21時すぎでもまだ明るいので

観光にもおすすめのシーズンです。

また、ウィーンの人たちは

仕事や学校終わり、そして休日に

外でのんびり過ごす時間をとても大切にしています。

私も実際にそのライフスタイルを体験してみて、

美術館や教会などの定番観光スポット以外に

新たな魅力も発見でき、

ますますウィーンが好きになりました!

そこで今回はウィーンっ子おすすめ

夏のウィーンの魅力を満喫できる穴場スポット3つ紹介します!

Advertisement

 

ドナウ川で泳ぐor散歩


Donau Insel駅を出て右手に進んですぐのスポット!

休日になると、
ドナウ川沿いを散歩したり

サイクリングしたりしている

ウィーンっ子の姿が見受けられます。

私が訪れた日はあいにく曇りだったので

日光浴大好きなウィーンっ子も少なめでしたが、

それでも水着で川に入り泳いだり

芝生に寝っ転がりのんびりしています。

晴れていると学生のグループなど、

多くの人が訪れる夏限定の人気スポットです!

途中で会社のイベントで

ボートレースが開催されていたり、

カイトサーフィンができるエリアがあったり、

ウィーンっ子の休日は本当にアクティブだなと思いました!

中心部での観光に疲れたら、

このようなイベントを横目に

ランチを持参して

のんびりピクニックするのもおすすめですよ!

 

 

入場無料!シェーンブルン宮殿の美しい庭園

有名観光地の1つ、シェーンブルン宮殿。

宮殿の中を見学するためにはチケットが必要ですが、

庭園だけなら無料で見学できます!

宮殿の向かって右奥に進むと

庭園の入り口が見えてきます。

冬は花もなく少し殺風景な庭園も

夏になるとバラのアーチがあったり

宮殿の前も色鮮やかなお花が広がり

非常に美しいです!

上の写真をご覧いただくと、

丘の上に何か建物があるのがわかると思います。

実はカフェレストランになっていて

その前からは宮殿と庭園が一望できます!

こちらの噴水の横から丘へのぼっていきます!

クネクネ道をひたすら辿って行くのですが、

暑いと直射日光ガンガンで汗ばむので

水と日焼け止めは必須です。

少しゼエゼエ言いながらも頂上にたどり着くと

ウィーンの街並みと宮殿、庭園が全て一望できます!

実際は写真の10倍は感動します笑

ちなみに本当は柵の中の芝生は

立ち入り禁止なので注意。

下の写真のように、

カフェレストラン前の坂になっている芝生の上

ちょうど日陰になっていて

おすすめの休憩スポットです。

ウィーンっ子もみんなゴロゴロしていますw

ちなみにカフェレストランの飲み物

ソフトドリンクも1杯4ユーロくらいするので

ただ芝生でのんびりしたいだけなら

前に街中で飲み物を購入してから来るのをおすすめします!

景色を堪能し休憩もできたら

また丘の下に降りていき、

庭園の周辺をお散歩してみましょう。

緑豊かなエリアでジョギングしている

ウィーンっ子もよく見かけます。

下の写真のようなスポットを巡りつつ

疲れたらベンチがあるのでまた休憩もできます。

団体観光客も少なく、

落ち着いてす過ごせる穴場スポットです。

シェーンブルン宮殿を夏に訪れるなら、

ぜひ庭園も散策してみてはいかがでしょうか?

 

夕方はドナウ運河のビーチバーへ!

U1, U4のSchwedenplatz駅からすぐ。

観光船も行き交う中心部のドナウ運河沿い

夏になると突如現れるビーチバー。

いたるところに

ストリートアートが施されていますが

雰囲気はいたって平和!

19時頃着きましたがすでに満席のバーが多かったです!

どこも売っているものはほとんど一緒なので、

気に入った雰囲気のバーがあったら

とりあえず席を確保しましょう!

アジア系の観光客はほどんとおらず

ウィーンっ子か欧米系の観光客が大半でした。

デッキチェアに寝っ転がりながら

のんびりビールを飲む至福の時。

夕方になれば暑さも少しやわらぐので

快適に過ごせますよ!

平日でも仕事や学校終わりに

友人や恋人とドナウ運河沿いに集まり

おしゃべりとビールを楽しむのが

ーンっ子の夏の余暇の楽しみ方です!

まとめ

ウィーンっ子おすすめの夏限定穴場スポット

いかがでしたでしょうか?

ヨーロッパの冬は暗くて寒さが厳しいからこそ

夏になると「ようやく太陽を浴びれる!」

こぞってみんな外に出たがる傾向にあります笑

だからこそ外でのんびり過ごすスタイルが人気なのです。

その土地についてより深く知るために、

現地人のライフスタイルを体験するのも

海外旅行の醍醐味の1つですよね。

せっかく夏にウィーンを訪れるなら、

定番の観光スポット巡り以外にも

ウィーンっ子に混じって

屋外でのんびり過ごす休日を

満喫してみてはいかがでしょうか?

スカイスキャナーの航空券比較

0

ヨーロッパカテゴリの最新記事

Bitnami