ベルギービール好き必見!ブリュッセルのカンティヨン醸造所見学

ベルギービール好き必見!ブリュッセルのカンティヨン醸造所見学

こんにちは、パリ在住フリーランスライターのnatsumi(@natsumiinparis)です。

ブリュッセルで開催された

フワラーカーペット祭りを訪れたついでに、

カンティヨン醸造所の試飲付き見学ツアー

参加してきました!

ビール醸造の詳しい説明が載った

日本語の資料ももらえるし、

ベルギービール好きなら

一度は訪れたいスポットです。

今回は、カンティヨン醸造所の

見学ツアーについて徹底解説していきます!

Advertisement

 

カンティヨン醸造所のアクセス

英語での名前は、

「Brussels Museum of the Gueuze」です。

グランプラスからメトロorバス

Bourse駅からメトロ3か4号線に乗り

Lemonnierで下車、さらに6分ほど歩きます。

Anneessensから46番

Moortebeek行きのバスに乗ると

4つめのLiverpoolで下車、

徒歩4分という行き方もあります。

グランプラスから徒歩で20〜30分

私は天気がよかったので、

節約と運動のためにも歩いて行きました笑

基本的にはずっとまっすぐ行けばいいので

普通は迷わないはずです。

しかし醸造所のまわりは住宅街なこともあり

最後に曲がるべき角をはるかに通り過ぎた挙句

モロッコ人地区のようなところに

迷い込んでしまいました。

日中だったからまだましでしたが

正直治安はあまり良くなさそうなので、

公共交通機関を利用の利用をおすすめします。

見学ツアーの様子

黄色いドアを開けると

たくさんのドイツ人ツアー客たちで

ごった返していました笑

受付のスタッフは英語も堪能

接客も非常に丁寧で安心しました!

セルフガイドツアーは7ユーロ

醸造所内の見学と

ビールの試飲2杯が含まれます。

事前予約なしで参加可能です。

会計が済むと日本語の詳しい資料をもらい、

英語の説明があるまで10分ほど待機。

「英語ツアーの人〜?」と呼ばれたら

スタッフの後をついて行き5分ほど

醸造所の説明と見学の注意点を聞きます。

終わり次第、壁の番号にそって

それぞれ自由に見学を開始!

写真は自由に撮って大丈夫です。

セルフツアーといっても

途中でガイドツアー客たちと遭遇すると

なかなか前に進めず大変でした笑

麦やホップ独特の匂いが漂う

樽の保管スペースは圧巻です!

日本語の資料をもとに巡ると

ビール作りの作業工程がわかるので

ガイドツアーでなくても十分楽しめます。

思ったより醸造所はそこまで広くないので

30分もあれば一通り見ることができました。

お待ちかねの試飲タイム!

カウンターに行くと

「ツアー終えたばかり?」と聞かれ、

試飲用のビールを提供してくれます。

一杯目は全員、カンティヨン醸造所の名物

ランビックビールをいただきます。

結構少量に見えますがかなり酸味が効いており、

一般的なビールとは違ったテイストなので

少しずつあじわうので十分です笑

二杯目はまた同じものか、

ランビックにチェリーを加えたKriek

ランビックにフランボワーズを加えた

Roseから選べます。

私はKriekを飲んでみましたが、

チェリーが加わったことで

多少フルーティーになり飲みやすかったです。

受付ではビールはもちろんTシャツなど、

オリジナルグッズも購入可能です。

結構試飲後に買っていく人もいたので、

気に入ったらお土産に入手するのも良いですね。

まとめ

ベルギービール好き必見の

カンティヨン醸造所!

醸造所の見学に日本語の詳しい資料、

さらに試飲もできて非常にお得です。

11月中旬のビール作りシーズンの初めには、

公開醸造セッションイベント

特別開催されます。

料金は8ユーロになりますが、

ガイド付きでクロワッサンやコーヒーなども

振舞われるそうです。

ブリュッセルを訪れる際は、

観光プランにぜひ取り入れてみてくださいね!

【基本情報】

Brasserie Cantillon (Brussels Museum of the Gueuze)

住所:Rue Gheude 56, 1070 Anderlecht

営業時間:月〜火曜、木〜土曜 10:00〜17:00

※最終入場は16:00まで、ガイドツアー(要予約)は15:30

休業日:水・日・祝日

セルフガイドツアー料金:大人7ユーロ、シニア(65歳以上)と12〜18歳は6ユーロ

公式ホームページ(英語)

 

0

ヨーロッパカテゴリの最新記事

Bitnami