イタリア旅行の治安は?事前に知っておきたいトラブル事例&注意点6選

イタリア旅行の治安は?事前に知っておきたいトラブル事例&注意点6選

こんにちは、パリ在住フリーランスライターのnatsumi(@natsumiinparis)です。

大学生の卒業旅行でも人気の旅行先、イタリア!

基本的には安全に旅できますが、

 世界30ヵ国を旅してきた私も驚いた

イタリア旅行ならではのトラブル

見舞われたのも事実です。

今回は、イタリア旅行で

事前に知っておきたい治安情報

実際のトラブル事例を参考にした

注意点を6つシェアしていきます!

(2019年3月上旬にローマ・フィレンツェ

ヴェネチア・ミラノを訪れた際の情報です。)

Advertisement

1. 格安ゲストハウスやホステルはチェックイン時刻の事前連絡が必須

イタリアのゲストハウスやホステルは

家族経営が多いため、

常にレセプションが開いているわけではなく

事前に宿への到着時刻を伝えておく必要があります。

実際、4都市で泊まった全ての宿が

家族経営だったので、

毎回チェックインの数日前には

宿側から到着時刻を知らせるよう

連絡がきました。

もし到着時刻を伝えるのを忘れると、

宿に着いても誰もいないなんてことが

ありえるので要注意!

宿によっては宿側から催促が来なかったにも関わらず、

予約サイトの注意事項をよく見ると

事前連絡必須と書かれている場合もありました。

宿泊日が近づいたら、

少し余裕を持った到着時刻を伝えておきましょう。

私はバスまたはフライトの時間まで書き、

おおよその到着時刻を

宿側も予想できるよう工夫して伝えました。

2. フライト当日はメトロのストライキに注意

イタリアから日本へ帰国するフライト当日は

宿を出発する前に、

メトロの運行状況を絶対にチェックしましょう!

私はまさかストライキが起きるとは思わず

宿を出発しメトロ駅に着いたら、

利用予定だったメトロの路線が

立ち入り禁止になっていて焦りました。

駅員は「今日はストライキだよ〜」

「〜号線に乗って行きな〜」と

聞いたら教えてくれましたが、

実際は乗り換えた先の別の路線も止まっており

結局急遽他の駅から空港行きの電車へ飛び乗ることに。

フライト当日は3時間前に到着するよう

余裕をもって身支度をしておくと安心です。

宿を出発する前にスタッフに

ストライキの有無を確認するのも忘れずに!

もしストライキが発生しているなら、

別の交通手段について

宿の人にアドバイスを求めましょう。

3. バラやミサンガ売り・鳩の餌やりは無視しよう

イタリアの観光地はメトロや道端などで

スリに遭う危険性が高いため、

貴重品の管理を徹底するのは当たり前。

プラスαで気をつけたいのが、

バラやミサンガ売り、鳩の強制餌やりです!

バラとミサンガ売りは、

道を歩いているときや

テラス席で食事をしているときに

ふら〜っとやってきて、

プレゼントで配っているように見せかけて

実際受け取るとお金を請求されます。

鳩の餌やりはミラノのドゥオーモ前でよく発生。

自分のまわりに勝手に餌がまかれ

大量の鳩に囲まれた状況で

さらに餌を持たせようと近寄ってきます。

もし餌を手にしたら謎に餌代を

後々請求されるといった、

ただただ迷惑な手口です笑

とにかく道で突然話しかけられたら無視一択!

余計なトラブルから身を守りましょう。

4. 主要駅のWIFIは結局使えない

ローマのテルミニ駅やミラノ中央駅など、

イタリアの大都市の主要駅では

フリーWifiが飛んでいます。

しかし、いざログインしようとしたら

結局SMSで受信したパスコードを入力しないと

使えない場合が多いです!

まず主要駅に到着してから

宿までのアクセスを調べたい人も多いと思いますが、

駅のwifiは基本使えないので要注意!

  • 事前にwifi環境でアクセス方法を調べておく
  • wifiルーターを日本から借りていく
  • マックなどwifiがあるカフェを探して入る

などの対策が必要です。

グループ旅行ならwifiルーターをシェアするのも

アリかなと思います!

5. 写真撮影は日本人同士で!

イタリア旅行の大事な思い出を形に残すためにも、

写真撮影を誰かに頼みたい場面、ありますよね!

とはいえ、海外で

見知らぬ人にカメラを託すのは

かなり勇気が入ります。

誰かに写真を撮ってもらいたいときは、

日本人に頼みましょう!

ちょうど春休みシーズンだったからか、

どこの都市でも必ずと言っていいほど

常にまわりに日本人がいました笑

パリよりもはるかに高確率です笑

 実際頼まれることも多く、

お互い信用しやすく安心でした。

他の国の人たちにも

日本人はよく写真撮影を頼まれることが多かったので、

時間があれば快く対応してあげましょう!

6. イタリアでの食事の注意点!チップとテーブルチャージとは?

イタリアはチップ文化がある一方

日本人は慣れていないのがわかっているのか、

伝票に「 Service charge is not included」

デカデカと書かれている場合があります笑

よっぽどひどいサービスでない限りは、

支払い額の10%を目安に支払いましょう。

チップ込みでキリよく現金で払える場合は、

渡す際に「You can keep the change」と

おつりは要らない旨を伝えれば

チップも込みだとわかってもらえます。

カードで払った場合は、

テーブルに小銭を置いておけば大丈夫です。

ただ、伝票をよく見ると

すでにサービス料が含まれている場合があります。

二重にチップを払うことを避けるためにも、

会計前にしっかり伝票は確認しましょう!

テーブルチャージはレストランで

パン代などを含み数ユーロ請求されることが多いです。

レストランによっては

テーブルチャージなし!と謳っているところもあるので、

入店前に確認すると良いでしょう。

ちなみにイタリアでは水も有料!

フランスは水道水なら無料で頼めるので、

同じヨーロッパでも違うんだと驚きました。

まとめ:イタリア旅行は宿・ストライキ・物売りに注意!

 イタリア旅行で気をつけたい注意事項

6点シェアしました!

  1. 格安宿へは到着時刻を事前連絡
  2. フライト当日はストライキの有無を確認
  3. 物売りや道で話しかけてくる人は無視
  4. 駅のwifiは基本使えない
  5. 写真撮影は日本人に頼む
  6. レストランでは伝票をしっかり確認

以上の6点をしっかり頭に入れておけば

食も世界遺産も大満喫できること間違いなし!

ぜひ快適なイタリア旅行を楽しんできてください!

0

ヨーロッパカテゴリの最新記事

Bitnami