【パリ・シャンゼリゼ】年越しカウントダウンの全貌を徹底解説!

【パリ・シャンゼリゼ】年越しカウントダウンの全貌を徹底解説!

こんにちは、パリ在住フリーランスライターのnatsumi(@natsumiinparis)です。

2018年〜2019年の年越しカウントダウンは、

パリのシャンゼリゼ通りに行ってきました!

今回は、実体験をもとに

大晦日のシャンゼリゼ通りの様子や

凱旋門のカウントダウンイベント、

年越し後明け方までのパリの治安などの

お役立ち情報を徹底解説します!

 

パリの年越しイベントを

安全に楽しむための注意点まとめは必見ですよー!

Advertisement

カウントダウン当日:21時頃にはシャンゼリゼ通りへ

21時頃はまだ人もまばらで、

路肩に座っておしゃべりしたり

美しいイルミネーションをバックに

優雅に記念撮影をしている人も多かったです。

大晦日の23時:シャンゼリゼは人混みMAX!

 22時もすぎるとシャンゼリゼ通りは

人の群れで埋め尽くされます!

ぎゅうぎゅう詰めといった状況ですが、

年が明けるまでの2時間

おしゃべりをするなりしてどうにか耐えましょう笑

23時20分頃からプレイベント開始

年明け40分前頃から、

凱旋門に映し出される

プロジェクションマッピングのショーが開始!

結構見入ってしまうような

ハイクオリティーの映像ショーですが、

何と言っても人が多すぎる&

ヨーロピアンたちがみんな大きすぎて、

155cmの私は肉眼ではほぼ見えませんでした笑

ずっとムービーを撮っている誰かのスマホの

画面越しに観ている感じです笑

せっかく21時頃には着いていたし、

もっと前のほうにぐいぐい行って

スタンバイしておけばよかったと思いました…!

24時:年越しの瞬間は突然に

年が明けるちょっと前に、

クライマックスを助長させるような

演出があるのかな〜と思っていたら、

なんと突然カウントダウンが始まりました笑

 

結構あっけなく新年を迎えるという笑

とはいえ、

Bonne année!!!(あけましておめでとう!!!)

みんなで叫びながら

超盛大な花火を見上げるのは

なかなか感動しました!

パリ年越し治安情報①:スリに要注意!

かなりの人混みかつ密集率が高いこともあり、

常にスリの危険性は感じました。

年明けのときの写真がない理由は

身長が足りないからだけでなく、

ポーチからスマホを取り出すのが怖かったからです。

 

待機中に謎に人混みの中を

むりやり移動しようとするお兄ちゃんたちが

たくさんいましたが、

すれ違いざまにスラれるんじゃないか

毎回ヒヤヒヤしていました。

 

荷物は最低限にまとめ、

常に目と手を離さないようにしましょう!

パリ年越し治安情報②:酔っ払いに注意

大晦日の夜は、

シャンゼリゼ通りに入るとき

結構厳重なボディチェックと荷物チェックがあります。

アルコール類は持ち込み禁止のはずですが

どうにかして持ち込む人はやはりいるようで、

カウントダウン後に帰ろうとすると

酔っ払いを見かけることもしばしば。

危なそうと思ったら、

すぐにその場から離れるのが懸命です。

パリ年越し治安情報③:明け方の中心部のメトロは思ったより平和

カウントダウンの後に

バーをはしごしてから明け方に帰宅したい

という人もいると思います。

もちろん路線や地区にもよりますが、

パリ1区などの中心部は

明け方の地下鉄構内も基本的に安全で驚きました!

家族連れも利用しているくらいだったので、

基本的には観光客も利用できそうです。

飲みすぎは厳禁ですが!

パリ年越し注意点①:一部のメトロ駅は閉鎖

大晦日はシャンゼリゼ通り周辺の

いくつかのメトロ駅が安全のため閉鎖されます。

少し遠くの駅から歩く必要が出てくるので、

事前に「地球の歩き方 パリ特派員ブログ」

最新情報を入手するのがおすすめです。

パリ年越し注意点②:シャンゼリゼ前でセキュリティチェックあり

酔っ払いに注意のところでも触れましたが、

シャンゼリゼ通り内に入るときは

男女別にボディチェックと荷物チェックを受けます。

特に空港のようなゲートはありませんが、

思ったよりしっかり見ていたので

危険物はもちろんお酒などの持ち込みは控えましょう。

パリ年越し注意点③:トイレはホテルで済ませよう

相方がシャンゼリゼ通りに入ってから

トイレを探しに行きましたが、

通り沿いはほとんどの店が

トイレだけの利用を禁止

飲み物を買って利用する場合や

公衆トイレに行く場合も

長蛇の列でなかなか帰ってきませんでした。

 

カウントダウン前に

ホテルなどで済ませておくことをおすすめします。

ちなみにニューヨークのカウントダウンのように、

一度着いたらずっと動けないということはなく

いざとなったら人混みを抜けて

移動することはできるので安心してください!

パリ年越し注意点④:イベント終了後は大混雑で動けない

日本の大規模な花火大会と同じような状況です。

盛大な花火の打ち上げが終わった瞬間、

みんな一斉にシャンゼリゼ通りから出ようと

動き出します。

今回は道の端を”黄色いジャケット”のデモ集団が占領し

練り歩いていたのもあり、

脱出まではかなり時間がかかりました。

急いで押しても危ないので、

気長に待ちましょう。

パリ年越し注意点⑤:カウントダウンはグループで!

 スリや酔っ払いなど、治安は決して良いとは言えません。

女性はなるべく男性もまじえて

グループで参加したほうが安全です。

フランス人は女性2人で来ている人もいましたが、

土地勘もなくフランス語もできない旅行者の場合は

いざというときのために、

せめて複数人で向かうと安心でしょう。

パリ年越しお役立ち情報:公共交通機関は無料&終日運行

大晦日の夜から元旦のお昼頃までは

パリのメトロやRERなどの公共交通機関

終日運行、無料で利用できます!

(詳しい時間帯は「地球の歩き方 パリ特派員ブログ」でチェックしました)

まとめ:安全第一でパリの年越しイベントを楽しもう!

2018年〜2019年にかけて、

パリのシャンゼリゼで開催された

年越しイベントの全貌を徹底解説しました!

毎年実施内容は変わる可能性があるので、

最新情報は随時チェックしましょう。

危機管理をしっかりして、

日本とはまた違った盛大な年越しを

ぜひ満喫してみてくださいね!

0

ヨーロッパカテゴリの最新記事

Bitnami