【フランスワーホリ】滞在計画書&履歴書の書き方大公開!

【フランスワーホリ】滞在計画書&履歴書の書き方大公開!

こんにちは、パリ在住フリーランスライターのnatsumi(@natsumiinparis)です。

2018年3月にフランスワーホリビザを自力で申請、取得

5月末からパリに滞在しています。

フランスワーホリビザ申請準備シリーズ

今回は、私が実際に提出したフォーマットを公開し、

誰でも短時間簡単

滞在計画書と履歴書を書くコツをシェアします!

まず、フォーマットをチェックリストで確認すると…

フリーフォーマット。フランス語または英語で作成のこと。

とんでもなく抽象的!!!

と思ってわたしは(一瞬)焦りましたが、

実際は形式さえ掴んでしまえば

そんなに難しくありません!

ちなみに、フランス語はまだ勉強中なので、

英語で書きました。

それではそれぞれ見ていきましょう!

Advertisement

滞在計画書

※氏名のところは、ご自身の英語のフルネームに書き換えてください。

※9月から翌年5月までは割愛させていただいています。

イベントの年間予定をググる

とにかく「フランス イベント」てググって見つけた、

月ごとの面白そうなイベントを記載しておきました。

1年何するかなんて今全部決められないと思うので、

あくまで予定で大丈夫です。

ちなみにわたしは、A4で1枚に収まるよう、

途中”July&August”のように2ヶ月まとめて書いたり

飛ばしてしまった月もあります。

申請動機作文とリンクさせる

別記事で詳しく解説しますが、

申請動機作文にも、フランスでやりたいことや目標を書きます。

よって、計画書と作文の内容がリンクしていることが重要です!

具体的には、

アルバイトを始める時期、学校に通い始める時期など、

計画書にも記載しましょう。

わたしは先に計画書を完成させ、

計画書の内容を元に作文も書いたので、

内容に相違がないかチェックするのは

最終段階で良いと思います。

帰国の意思表明

実はこれ、最も重要なポイントといっても

過言ではありません!!!

1年で帰国します!!という意思表示をしないと、

そのまま居着かれるかも…と怪しまれて

ビザが却下される要因になりかねません。

履歴書

履歴書は、もはやコツというより、

わたしのフォーマットの日本語の解説部分を消して

英語で書いていただければもう出来上がりですw

ご活用いただけたら幸いです!

まとめ

滞在計画書と履歴書の書き方のコツ

掴めましたでしょうか?

滞在計画書は、

イベントの年間予定をググってコンテンツを増やす、

申請動機作文とリンクさせる、

帰国の意思表明

3つのコツを意識して書いてみてください!

履歴書は、

わたしのフォーマットで

ご自身の内容に置き換えるだけで完成します!

なお、このとおりにやれば絶対ビザが下りる!

といった保証はできかねますが、

少しでもお力になれていたら嬉しいです。

また、2018年3月申請時の情報に沿って書いているため、

念のため最新情報もご自身でご確認いただくようお願いします。

質問などございましたら、お気軽にコメントお願いします!

0

ワーホリカテゴリの最新記事

Bitnami