【フランスワーホリビザ申請】5分で完成!ワーホリ宣誓書の書き方

【フランスワーホリビザ申請】5分で完成!ワーホリ宣誓書の書き方

こんにちは、パリ在住フリーランスライターのnatsumi(@natsumiinparis)です。

2018年3月にフランスワーホリビザを自力で申請、取得

5月末からパリに滞在しています。

フランスワーホリビザ申請シリーズ

書類準備では最後の記事になります!

私のビザ取得までの実際のスケジュールにそって、

フランスワーホリビザ申請の準備についてシェアしています!

12月下旬〜1月上旬:必要書類をざっと確認。履歴書と滞在計画書を仕上げる。

1月下旬:フランス大使館の来館予約、航空券購入

2月上旬:海外旅行保険に加入、

健康診断、残高証明書

2月中旬〜:申請動機作文

長期ビザ申請書

ワーキングホリデー宣誓書←今ここ

3月7日:フランス大使館でビザ申請

3月9日:ビザが貼られたパスポートが届く。

(5月27日出発)

今回シェアするのは、

ワーキングホリデービザ宣誓書の書き方です!

5分もあれば終わる書類なので、

あえて後回しにしていました笑

実際の記入例を日本語で解説します!

Advertisement

記入例を日本語で解説!

ちなみに宣誓書はフランス語で記入です。

といっても日本語で訳が書いてあるので心配いりません!

  • 氏名(例:TARO YAMADA)
  • 生年月日(例:25/04/1990)←日/月/年の順番!
  • 出生都道府県(例:Chiba)
  • 国籍(日本人なら、男性:Japonais, 女性:Japonaise)
  • 現住所(部屋番号, マンション名, 番地, 町区, 市, 県, 郵便番号, 国)
  • 署名日(生年月日と同じく、日/月/年)
  • パスポートと同じ署名(漢字なら漢字)

以上です!!笑

非常に簡単ですよね?

どなたでもすぐに仕上げることができるのでご心配なく!

実は後々大事になる書類

提出した経済証明の金額の中に往復航空券の費用が含まれていることを認めます。

ワーホリに行く際、オープンチケットを購入される方もいるかもしれませんが、

私は帰りどこからどう帰るか未定なため、

片道航空券を購入しました。

いざ日本から出国するとき空港のチェックインカウンター

片道航空券しかないのを心配?されたのですが

この書類の存在を説明するとすんなりご理解いただけました。

フランスに入国する際も、人によっては

片道航空券だと帰りはどうするんだと突っ込んで質問されることもあるようです。

そんなときも、フランス語で書いてあるこの宣誓書を提示すれば

理解してもらいやすいと思います!

実際私もドキドキしながらフランスの入国審査に臨みましたが、

結局あくびをしながらすぐスタンプを押しただけ

むしろ一言も会話しませんでしたw

いざというときのために

フランス入国時はワーホリビザ申請時の書類

手元に準備しておいたほうが安心です!

まとめ

ワーキングホリデービザ宣誓書の書き方、

いかがでしたでしょうか?

フランス語で記入といっても

非常に簡単ですよね!

後々役に立つ書類でもあるので、

頭の片隅に、こんな書類あったな〜と

覚えておきましょう!

0

ワーホリカテゴリの最新記事

Bitnami