【2018年】フランスワーホリビザ申請(必要書類編)

【2018年】フランスワーホリビザ申請(必要書類編)

こんにちは、パリ在住フリーランスライターのnatsumi(@natsumiinparis)です。

2018年3月にフランスワーホリビザを自力で申請、取得

5月末からパリに滞在しています。

フランスワーホリビザって

必要書類が異常に多いのが難点ですよね。

私も会社員をしながらの準備だったので

「いかに効率的に進めるか」

という点で苦労しました。

同じような状況の人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、私の経験をもとに

全体的な準備のスケジュール

必要書類のまとめ一覧をシェアします!

このスケジュールにそってやれば、

絶対取得できる!という保証はいたしかねますが、

効率的に準備が進むことは間違いないです。

なお、2018年3月時点での最新情報として掲載しますが、

情報が更新されている場合もあるので、大使館のHPもしっかりご確認ください!

Advertisement

申請準備から取得までの流れ

12月下旬〜1月上旬:必要書類をざっと確認。履歴書と滞在計画書を仕上げる。

1月下旬:フランス大使館の来館予約をする。

2月上旬:海外旅行保険に加入、健康診断、残高証明書

2月中旬〜:長期ビザ申請書、申請動機作文、ワーキングホリデー宣誓書

3月7日:フランス大使館でビザ申請

3月9日:ビザが貼られたパスポートが届く。

(5月27日出発)

大体2ヶ月ちょいで完結しました。

ちなみに、申請して2日後に届くのは予想外でした笑

通常は1週間から10日ほどかかるらしいのですがw

何はともあれ、シフト制の仕事だったので平日休みも取りやすく、

これでも結構余裕あったな〜といった感じです。

それでは早速、必要書類の確認から始めてみましょう!

ビザの詳細と必要書類の確認

こちらの在日フランス大使館のHPにアクセスし、
ビザの詳細等を確認してみましょう。

本当にワーホリビザが自分に合っているのか?

改めて確認しましょう。

場合によっては、就労ビザや学生ビザのほうが適しているかもしれないので。

次に、必要書類の詳細を確認します。
申請に必要な書類という項目の
”必要書類はこちらからご覧ください。”からPDFを開きチェック。

簡単にまとめると…

1. 申請書類チェックリスト

2. 長期ビザ申請書1部

3. 証明写真1枚

4. パスポート

5. 申請動機作文1部

6. 滞在中の計画書および履歴書

7. 残高証明書

8. ワーキングホリデービザ宣誓書

9. 健康診断書

10. 海外旅行保険加入証明書

11. (郵送で受け取る場合)レターパック

ご覧の通り、フランスのワーホリビザ

必要書類が多すぎるw

でもご心配なく。

順を追って準備していけばそんなに難しいことはありません!

会社員をしていても余裕をもてば問題なくクリアできます。

まだパスポートをお持ちでない方!

もしくは 10 年以内に発効されたもの。申請するビザの期間の最終日から 3 カ月

以上の有効期間が残っており、ビザ用のページが見開きで 2 ページ以上あるもの

をお持ちでない方!

何よりも最初にパスポートの更新もしくは新規申請をしましょう。

大体1週間から10日ほどで作れるようですが(自治体による)、念のため。

ビザの申請予約

実は、実際にフランス大使館へ申請に出向く前に、
ネットでの予約が必要になります!

ビザ申請予約システム

結構直前にやると混んでいることもあるそうです。
3ヶ月前から予約可能なので(わたしは約2ヶ月前には予約しました)、

社会人の方も休みが取れそうなら、早めに予約することをオススメします。

一度予約した後変更もできるようです。

まとめ
必要書類の確認とビザの申請予約

いかがだったでしょうか?

まだまだ先は長い〜〜と思うかもしれませんが、

思っているより辛くないです!!笑(ほんとに)

一緒に頑張りましょう!

フランスワーホリビザ申請準備シリーズと題し、

全9回にわけて情報をまとめたので

ぜひ参考にしてください!

質問等ございましたら、

お気軽にコメントいただければと思います!

0

ワーホリカテゴリの最新記事

Bitnami