【2018年】フランスワーホリビザ申請(健康診断&残高証明書)

【2018年】フランスワーホリビザ申請(健康診断&残高証明書)

こんにちは、パリ在住フリーランスライターのnatsumi(@natsumiinparis)です。

2018年3月にフランスワーホリビザを

自力で申請、取得し、

5月末からパリに滞在しています。

フランスワーホリビザ申請準備シリーズ

今回は、健康診断&残高証明書についてです!

両方ともビザ申請日から

1ヶ月以内に取得することが条件のため

心配だからといって、

1ヶ月以上前に取得しないよう気をつけましょう。

健康診断書は検査項目が決まっていない

残高証明もイメージが湧かない人も多いのでは?

そこで今回は、

  • 健康診断の最低限の検査項目と注意点
  • 残高証明書の取得までの行動まとめ

を詳しく解説していきます!

12月下旬〜1月上旬:必要書類をざっと確認。履歴書と滞在計画書を仕上げる。

1月下旬:フランス大使館の来館予約、航空券購入

2月上旬:海外旅行保険に加入、

健康診断、残高証明書←今ここ

2月中旬〜:長期ビザ申請書、申請動機作文、ワーキングホリデー宣誓書

3月7日:フランス大使館でビザ申請

3月9日:ビザが貼られたパスポートが届く。

(5月27日出発)

Advertisement

健康診断書

申請者が健康であることが明記されており、申請日から 1 カ月以内に医師が作成したもの。

英文・和文いずれも可。

大使館のHPより

検査項目

地元のかかりつけの病院でお願いしましたが

特に細かい規定がないため最低限

問診、身長、体重、血圧だけにしました笑

これだけシンプルでも健康診断書は2000円したので

よっぽどのことがない限り、最低限の項目でいいと思います。

ちなみに英文・和文どちらでも良いので

普通に日本語で作成してもらいましたが何も問題なかったです。

書式は、作成日と医師の署名の記載を

一応お願いした以外、病院にお任せしました。

「健康であること」とは

抽象的すぎて、じゃあ何て書いてもらえばいいんだ!

ってなりますよねw

実際は、「健康に異常なし」

と記載してもらえば大丈夫です。

でも実はわたし、定期的に薬を服用しているので

ぶっちゃけ極端に言えば、

健康に異常ありなのです笑

そこでどうしたかというと、

薬を服用している事実は正直に記載してもらい、

特記事項に「日常生活に支障なし」と書いてもらいました。

実際ビザの申請時に案の定「健康に異常なし」

との記載がないと突っ込まれましたが、

「日常生活に支障なし」って書いてるよ〜

と説明したら問題なくパスできてほっとしましたw

残高証明書

申請者名義の日本もしくはフランスの銀行の残高証明書

3100 ユーロ以上(相当する額の日本円)の残高があること(帰国のための航空券費 用を含む)。申請日から 1 カ月以内に発行されたもの。

大使館のHPより

口座に3100ユーロ以上あるか

実際少し多めに入れておき、

ギリギリじゃないよアピールしたほうが安全かと思います。

いざ銀行へ

わたしはみずほ銀行がメインバンクで

自分の口座がある支店まで行きました。

というのも一応英語で発行してもらいたい場合、

地元の支店だと数日かかる場合もあるそうです!

銀行に着いたら、受付で

「残高証明書お願いしまーす」と伝え

書類に記入し待つこと1時間(混んでいたので)

すぐに?たしか750円で入手できました!

ちなみにわたしは、

英語表記、ドル建てでお願いしました。

各銀行によって違う点もあると思うので

行く前にHPをチェックしましょう。

まとめ

健康診断書と残高証明書の取得、

ポイントさえ掴めば思ったより簡単です。

ただ、土日休みの会社員だと

平日に休みを取らなければいけないこともあるので、

早めに日程は決めておいてほうが安心です。

ご質問や感想ございましたら、お気軽にコメントください!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

0

ワーホリカテゴリの最新記事

Bitnami