【スペイン巡礼の宿】最新情報!コスパ最強のおすすめアルベルゲ3選

【スペイン巡礼の宿】最新情報!コスパ最強のおすすめアルベルゲ3選

こんにちは、パリ在住フリーランスライターのnatsumi(@natsumiinparis)です。

2018年8月21日〜9月25日、全36日間

約800kmのフランス人の道を踏破してきました!

20km以上歩きヘトヘトになった後

1日の疲れを癒すためには、

アルベルゲの居心地は想像以上に大切でした。

巡礼者は、基本的に5〜10ユーロほどで

非常に安価かつ清潔な宿が利用できます。

カミーノはほぼ毎日移動し宿が変わるため

リアルに30種類くらいのアルベルゲに宿泊。

その中でも特にコスパが最強だった宿

3つ厳選し紹介します!

私の宿選びの3つの基準は以下の通りです↓

星5段階評価でレビューします。

  1. キッチンの有無(自炊して節約できるため)
  2. Wifiがドミトリー内で使えるか(note更新のため)
  3. ドミトリー内の電源の数(取り合いは結構大変)

「巡礼宿の設備や清潔感が不安!」という人も、

この記事を読めばイメージが変わること間違いなし!

ぜひ宿選びの参考にしてください!

Advertisement

Nájera:Albergue Puerta de Nájera(8ユーロ)

Nájeraに滞在するなら絶対に泊まってほしい宿です!

  • キッチン:★★★☆☆電子レンジのみ。食器類はある
  • Wifi:★★★★★ドミトリーでも十分使える
  • 電源:★★★★☆個別にはないが、数は十分

内装がかわいすぎる

とにかく女心をくすぐる

アンティークな雰囲気がたまりません!

2階に上がるとなんとシャンデリア風のおしゃれな照明が。

ドミトリーは色やテイストが

少しずつ違った部屋に分かれていて、個室もあります。

日当たりの良い窓際のベッドはほぼ予約済みだったので

私は奥の小部屋へ案内されました。

二段ベッドが2つだけ並ぶ部屋で

全員女性が案内されたため、

女子ドミトリーのような雰囲気となり

気兼ねなく落ち着いて過ごせてラッキーでした。

ベッドの寝心地も水回りの清潔感も完璧!

1階の共有スペースは結構広く、

これまたインテリアがおしゃれ!!

アンティークっぽいソファがいくつもあり、

近くに電源もあったのでゆっくりくつろぎながら

調べ物やブログの更新ができました。

スタッフのおねえさんがフレンドリー&英語対応可

「何かあったらすぐ聞いてね!」

とってもフレンドリーで英語も堪能なおねえさん。

お湯を沸かしたいけどコンロがなく

ポットも見つからなくて困っていたら、

耐熱のカップを出してくれて

無事電子レンジでお湯が沸かせました。

他の巡礼者も、アイシングに必要な氷が買える場所や

バスカミーノの情報などを聞いていて、

かなりレセプションは忙しそうでしたが

1つ1つ丁寧に対応していたのが好印象です。

目の前の川沿いの公園が最高

宿の目の前には川が流れており、

遊歩道で散歩したり芝生に寝っ転がったり、

巡礼の疲れを癒すには最適のスポットです。

私は橋の下で1人川に足を突っ込み

アキレス腱のアイシングをしていました笑

誰も来ないので1人でリラックスできる

穴場スポットですが、

ある意味死角なので日中だけ立ち入るようにしましょう。

【基本情報】

住所:Calle Ribera del Najerilla, 1, 26300 Nájera

電話番号:+34 941 36 23 17

公式HP:https://alberguedenajera.com/

Advertisement

Hospital de Órbigo:Albergue San Miguel(7ユーロ)

見所がコンパクトにまとまった

中世の雰囲気たっぷりのHospital de Órbigo!

私営のアルベルゲは結構たくさんありましたが、

Albergue San Miguelが超絶おすすめです!

教会を通り過ぎ街の出口付近にあります。

  • キッチン:★★★★★広いし使いやすい。調味料あり。
  • Wifi:★★★☆☆ドミトリー内は入り口付近なら通じる
  • 電源:★★★☆☆ドミトリー内に何箇所かまとまって配置

オーナーのホスピタリティが素晴らしい

「こんにちは」「すみません」「大丈夫?」など

日本語のフレーズをいくつか知っている

フレンドリーなオーナーが迎えてくれます。

チェックイン以外でも何か話しかけるときは

必ず「すみません」と言ってくれるし、

何か困っていることはない?と言った感じで

「大丈夫?」とよく声をかけてくれました。

ちなみに英語も堪能です。

私が日本人だとわかると、

宿に置いてある日本人の方が出版した

カミーノの写真集を貸してくれましたよ。

翌朝も早朝に限らず外で宿泊者たちを見送り、

正しい道順まで教えてくれる徹底ぶり。

ホスピテリティの高さは随一です!

宿泊者が描いた絵を飾る宿

宿の壁一面に飾ってあるさまざまな絵画たち。

実は1階に画材が揃ったスペースがあり、

宿泊者なら誰でも自由に絵が描けるそうです!

他の宿にはないサービス&コンセプトの宿ですね。

これまでの巡礼者を含め、

みんなで宿を作っている雰囲気が素敵です。

余談ですが、BGMは賛美歌のようなものが流れているのに

館内はアジアを思い出すようなお香が炊かれていて、

なんだか不思議な空間でした笑

ウッド調のあったかい雰囲気の宿

パイプベッドだと寝返りできしむ音が気になるので

木製のバンクベッドは快適でした。

バックパックがまるまる収納できる

鍵付きの個人ロッカーも完備されています。

ベッドは自由に選べたのも嬉しいポイント。

キッチンから外に出ると、

机と椅子が並ぶ中庭で食事をすることも可能です。

ここにも絵がたくさん飾ってあり、優雅なBGM付きで

私はずっと中庭でビールを飲みながらくつろいでいました笑

【基本情報】

住所:Calle Álvarez Vega, 35, 24286 Hospital de Órbigo

電話番号:+34 987 38 82 85

>>>参照サイト

Ponferrada:Albergue de Peregrinos San Nicolás de Flue(寄付制)

Ponferradaにある100人以上収容する巨大アルベルゲ!

寄付制ですが居心地抜群で非常に快適でした。

  • キッチン:★★★★★広くて使いやすい。
  • Wifi:★★★★☆ドミトリー内も繋がった
  • 電源:★★★☆☆ベッド付近に2箇所

親切なボランティアさんたちが運営

私が宿泊したときは、世界各国から集まった

6名のボランティアさんで運営されていました。

チェックインから部屋までの誘導、

近くのスーパーの情報提供まで

忙しいのに寧に対応してくれたのが印象的です。

また、医療ボランティアさんも1名いらっしゃり

足の怪我の治療やマッサージなどを受けている

巡礼者を何度か見かけました。

13時オープンでしたが、早めに着いた人たちは

外にあるシャワー棟とランドリースペースを

先に使わせてもらえ感動。

おかげでチェックイン10分前には

シャワーも洗濯も終えることができ、

非常に助かりました。

日曜でも利用できるスーパーまで徒歩7分

スペインでは日曜日は基本的にスーパーが全て閉まります。

しかし、アルベルゲから徒歩7分

ガソリンスタンド併設のスーパーは

日曜でも開いていました!

しかも品揃えが完璧!

野菜やフルーツ、ハム、パスタ、飲み物など

アルベルゲでの自炊にも全く困りません。

徒歩7分で着けるのも、足を痛めた私には助かりました笑

足の疲れを癒せる噴水が最高

アルベルゲのエントランスに噴水があり、

足の疲れを癒すには最高でした!

水はかなり冷たいのでアイシングにも最適。

足を痛めていてアイシングが日課だった私は

アイスノンを使わずとも、

無限に冷やせるこの噴水はかなり気に入りました!

続々と巡礼者が集まってきて

憩いの場のようになっていましたよ。

【基本情報】

住所:Calle Obispo Camilo Lorenzo, 2, 24400 Ponferrada

電話番号:+34 987 41 33 81

公式HP:https://sannicolasdeflue.com/

まとめ:宿泊時は感謝の気持ちを忘れずに!

コスパ最強のアルベルゲ3選を紹介しました!

冷静に考えて、ヨーロッパで

これだけクオリティの高いの宿に

10ユーロ未満で泊まれるなんて破格ですよね。

巡礼者のためにコストは抑えつつも

清潔感や居心地の良さなど

環境を整えてくれていることに感謝し、

マナーを守って利用しましょう!

 

0

スペイン巡礼カテゴリの最新記事

Bitnami