女1人でカミーノ!フランス人の道踏破まで36日間の全記録【前編】

女1人でカミーノ!フランス人の道踏破まで36日間の全記録【前編】

こんにちは、パリ在住フリーランスライターのnatsumi(@natsumiinparis)です。

2018年8月〜9月まで、女一人でスペイン巡礼、

カミーノに挑戦していました!

巡礼中はほぼリアルタイムでnoteを更新。

日記感覚で、日々の巡礼路の様子や

人との出逢い、考えたこと、感じたことを

赤裸々に綴りました。

今回から、全36日間のカミーノの記録

3回に分けて1つずつ紹介していきます!

「女1人で挑戦したいけど、道中の様子が気になる」

「体力が不安だけど、実際どうなんだろう?」

「1人で歩いていても、寂しくないの?」

「カミーノで人生変わるって本当?」

「人生に行き詰っていて何かを変えたい」

こういった人たちには、

ただ楽しいだけじゃない巡礼エピソードなども、

1ミリも美化せずに書いているので

リアルな体験談はきっと心に刺さるはず。

それでは早速、みなさんをカミーノの世界へお連れします♪

Advertisement

 

スペイン巡礼1日目:ピレネー山脈越えてみた

Saint-Jean-Pied-de-Port〜Roncesvalles(25km)

カミーノ初日にして最大の難所、ピレネー山脈越え。

超急な坂をようやく登りきった!と思っても

まだまだ登り坂が続き、やっと頂上に着いたのもつかの間

次は急な坂を転げ落ちるように下っていく笑

そのわりに今思えば、1日目なのにペース早すぎ!

突っ込みたくなります笑

もっと休憩をとってプラス2時間くらいかけるべきでした。

噂通り波乱万丈な1日目でしたが、

ピレネー山脈の壮大な絶景とロンセスバジェスでの夜

忘れられない思い出になりました。

【note】↓

>>>スペイン巡礼1日目:ピレネー山脈越えてみた

スペイン巡礼2日目:新たな人との出逢い

Roncesvalles〜Zubiri(21.5km)

みんな全身筋肉痛と闘いながら歩く2日目。

朝から道中で何人もの巡礼者と

おしゃべりを楽しみながら歩いた1日でした。

スビリの街は小さいですが、

バルもスーパーもあり必要最低限の物は揃っています。

街の入り口の橋の下では、巡礼者たちが

川に入って1日の疲れを癒していました。

ただ、早速事件発生!

2日目にして”あるもの”を失うことになります。

【note】↓

>>>スペイン巡礼2日目:新たな人との出逢い

スペイン巡礼3日目:気合いでパンプローナ到着

Zubiri〜Pamplona(21.7km)

3日目にして疲労がピークに

この日から私の“足痛すぎ日記”が始まります笑

noteを読んでくれていた友人たちに、

「正直足が痛い以外の情報が入ってこない」

と言われるほど、とにかく足の痛みを嘆いています笑

でもこれがリアルなのでw

(より有益な情報は当ブログの「スペイン巡礼カテゴリ」を

ご参照ください!)

ろくにトレーニングもせず普通のペースで

初めから飛ばすとこうなるよ、ということと、

きついときこそ人の優しさが染みるよ、という

カミーノの醍醐味も伝わる日記です。

【note】↓

>>>スペイン巡礼3日目:気合いでパンプローナ到着

スペイン巡礼4日目:パンプローナで休息日満喫

巡礼中最初の休息日。

パンプローナではまだ休まず

歩き続ける人も多かったですが、

4日目くらいはちょうど疲労が溜まってくる頃だし、

見所も多い街なので2泊するのもありです!

私が泊まった宿と、初めてのバル体験、

スーパーのレンチン食品のコスパの良さ、

たまたま開催されていた

フラメンコ祭りの様子を書きました。

1つ目のサポーターを買ったのもパンプローナでした。

この日からまさか1ヶ月以上お世話になるとは笑

【note】↓

>>>スペイン巡礼4日目:パンプローナで休息日満喫

スペイン巡礼5日目:ついにアキレス腱が逝った

Pamplona〜Puente la Reina(23.5km)

「あれ、休息日の効果は?」と突っ込みたくなりますよね笑

私も自分で「おや?」って思いました笑

ただ、歩いている最中は結構順調で、

今でも連絡を取り合うパワフルなおばちゃんに

初めて出会ったのもプエンテラレイナへの道中でした。

宿に着いてからアキレス腱が逝ってしまい、

1人で“カミーノを歩く理由”を改めて見つめ直していたら、

猛烈にセンチメンタルになったり。

それでもやっぱり最後は人の温かさに救われた1日でした。

【note】↓

>>>スペイン巡礼5日目:ついにアキレス腱が逝った

スペイン巡礼6日目:初バスカミーノ

Puente la Reina〜Estella(バス)

初めてのバスカミーノ。

プエンテラレイナのバス停の情報も解説しています。

できれば全て歩き切りたいのが本音ですが、

本気で故障しリタイアするのを防ぐためにも

今は利用してよかったと心から思います。

バスカミーノをきっかけに台湾人夫婦とも仲良くなれたし、

むしろプラスの経験になりました!

体力に自信がなくてもいざとなったら

バス利用もできるとわかれば、

少しは気が楽になる人も多いのでは?

【note】↓

>>>スペイン巡礼6日目:初バスカミーノ

スペイン巡礼7日目:70歳のおばあちゃんに泣かされた

Estella〜Los Arcos(21.8km)

私を泣かせにかかった(?)おばあちゃんとの出逢いは、

巡礼中もっとも印象に残っているエピソードの1つです。

「やりたいことに挑戦するのに言い訳はいらないな」

と改めて感じさせられました。

また、アジア人は珍しいし1人ということもあり

結構声をかけてもらいやすいことが判明。

ロスアルコスの公営アルベルゲは広い庭があるので

のんびりおしゃべりするには最適でした。

【note】↓

>>>スペイン巡礼7日目:70歳のおばあちゃんに泣かされた

Advertisement

スペイン巡礼8日目:足を痛めたら素敵な出逢いが待っていた

Los Arcos〜Viana(18.6km)

リオハワインの名産地らしく、

ぶどう畑の横をひたすら歩きます。

宿の好みが似ているのか、この後大都市のホステルで

何度も再会する日本好きなフランス人のおねえさん

初めて出会ったのもこの日でした。

序盤で出会った人とも思わぬところでよく再会するのは、

カミーノの面白いところです。

ちなみにVianaの公営アルベルゲはおばちゃんが優しいし

キッチンも広いけど、ベッドの劣化がはんぱなかったです。

【note】↓

>>>スペイン巡礼8日目:足を痛めたら素敵な出逢いが待っていた話

スペイン巡礼9日目:人の優しさに励まされた1日

Viana〜Navarrete(22.4km)

もう特に前半は、巡礼仲間たちが励ましてくれるおかげで

歩き続けていられました。

そして、基本的にちょっとでも足に違和感を感じたら、

無理せずその街でストップすることの大切さを

身をもって体感。

Navarreteはあまり見所がないし、

とにかく休むだけの街というかんじでした。

【note】↓

>>>スペイン巡礼9日目:人の優しさに励まされた1日

スペイン巡礼10日目:コスパ最強アルベルゲに宿泊

Navarrete〜Najera(16km)

景色は大したことないけど、

自分のペースを保ち健康的に歩けた1日。

【スペイン巡礼の宿】最新情報!コスパ最強のおすすめアルベルゲ3選

で紹介したアルベルゲに泊まりました。

巡礼中一番コスパがよく気に入った宿です!

Najeraの街もこぢんまりした中世の街といった感じで

のんびり滞在ができますよ。

【note】↓

>>>スペイン巡礼10日目:コスパ最強アルベルゲに宿泊

スペイン巡礼11日目:アイシングの効果はどこへやら

Najera〜Santo Domingo de la Calzada(21km)

足を痛めてはアイシングして朝には回復、

でも1日20kmも歩いたらすぐ再発…

そんな毎日ですw

足が痛いとどうしても気分が落ち込みがちですが、

そういうときこそ巡礼仲間と交流し元気をもらい

「これだから巡礼はやめられない!」

前向きな気持ちになっていました。

【note】↓

>>>スペイン巡礼11日目:アイシングの効果はどこへやら

スペイン巡礼12日目:ラテンの宴会に混ざった日

Santo Domingo de la Calzada〜Belorado(バス)
 

2回目のバスカミーノ。

バスはもちろん楽だし快適ですが、

次の街に早く着きすぎて暇なのが難点。

これだけ足の痛みに苦しんでいるのに、

やっぱり大自然の中を歩いたほうが楽しい!

と思っていました。

そしてこの日のハイライトは、何と言ってもラテンの宴会!

最高に愉快な人たちで、久々に笑いまくった夜でした。

ラテンの宴会メンバーは、この先何度も再会し

noteにも登場しますよ〜!

【note】↓

>>>スペイン巡礼12日目:ラテンの宴会に混ざった日

まとめ:足の痛みと人との出逢い

前半戦は、まだ慣れない足の痛みと闘いながらも、

素敵な巡礼仲間たちとの出逢いが毎日新鮮だったことを

よく覚えています。

「足痛いのにそんなに頑張らなくても…」

と思う人もいるかもしれませんが、

やっぱりまだこの先もいろいろな出逢いがあると思うと、

どうしても諦められませんでした。

だからこそ、バスカミーノや

休息日を入れて調節しています。

苦行と言えばたしかに苦行ですが、

それ以上にカミーノ独特の心温まる出来事は、

かけがえのない経験になること間違いなし!

次回の中盤編も楽しみにしていてください!

さらに深イイエピソードがたくさんでてきますよ〜!

 
0

スペイン巡礼カテゴリの最新記事

Bitnami