パリの老舗日本食スーパー「京子食品」で買える日本食と相場まとめ

パリの老舗日本食スーパー「京子食品」で買える日本食と相場まとめ

こんにちは、パリ在住フリーランスライターのnatsumi(@natsumiinparis)です。

パリに来てようやく、

日本食スーパーに行ってきました!

1972年創業の老舗日本食品店「京子食品」

パリ在住の日本人だけでなくフランス人や

レストランなどのプロも利用し、

豊富な品揃えが人気を集めています。

今回は、京子食品の詳しい品揃えの実態と相場

レポートしていきます!

これからパリ生活を始める方は、

ぜひ参考にしてください!

(2018年8月12日現在:1€=126円換算)

Advertisement

 

1階:生鮮・冷凍食品・お菓子・調味料・米など

生鮮食品

フランスのスーパーでは見かけない

長ネギや白くて大きい大根など

野菜類が揃っていました。

ちなみに長ネギは一束3〜4€(400円前後)!

冷凍食品

えだまめや魚類、ラーメンにたこ焼き、

ねりもの類(かまぼこやちくわ)など豊富な品揃え。

夏なのでついアイスコーナー

目がいきましたが、

「雪見だいふく」が2.30€(約290円)、

「やわもち」が3€(378円)でした。

日本の倍以上ですね…!

私が冷凍食品コーナーでもっとも驚いたのが

冷凍たいやき(何個か入ってるやつ)が

なんと8.40€だったこと!

日本円で約1,000円します笑

そもそもパリにあるだけでびっくりですが笑

調味料

調味料は、醤油やみりん、酢、味噌など

全て最低3〜5種類は取り揃えてありました!

醤油は1番安いもので、1L 3.60€(約450円)。

味噌は375gの小さめのものが6€(約750円)前後。

本みりんが600mlで9€(1,134円)しました。

フランスに長期滞在するとなると

たまに自分で日本食が作りたくなります。

日本食レストランに行くよりは

調味料を揃えて自炊したほうが安く済むので

必需品の調味料の品揃えが豊富なのは

非常に助かるポイントです!

お菓子やつまみ類

日本で食べていた懐かしの?お菓子も勢揃い!

  • きのこの山:4.5€(約560円)
  • トッポ:4.5€(約560円)
  • 柿の種6袋入り:4.7€(約600円)
  • 抹茶キットカットミニ13個入り:9€(1,134円)

しょうがないけど高い!泣

幸い日本のお菓子は

そこまで恋しくなっていませんが、

抹茶キットカット懐かしいな〜

と思い値段を見たら、

1,000円超えだったときは衝撃でした笑

パリ在住の日本人親子が来店したとき、

子どもが「お菓子買って!」とおねだりしても

ママが「ダメ〜!」と必死に言っていた理由が

よくわかりました笑

日本食にかかせない米

ササニシキやコシヒカリなど、

銘柄やサイズ別で10種類以上揃っていました。

気になるお値段は、

5kgでおよそ40〜50€(約5,000〜6,300円)

私がお世話になっている親戚宅でも、

普段は近所のスーパーで安く手に入る

タイ米を使用していますが、

日本食を作ったときは日本米を炊きます。

京子食品を訪れていた在仏日本人たちも

こぞって米を購入していました。

Advertisement

2階:インスタント食品・乾物類など

インスタント食品

  • 日清のカップヌードル:1.55€(約200円)
  • 出前一丁各種:0.75€(約95円)
  • あさげの味噌汁6個入り:5€(630円)
  • コーンスープの素3つ入り:3.65€(約450円)
  • カレールー:セールで5〜6€前後(630円〜756円)

インスタントのカップ麺類は他の食品と比べると

比較的割安に感じます。

ちょうどカレーやシチューのセール期間で、

日本のスーパーと変わらぬ品揃えには驚きました。

ふりかけ・お茶漬け・海苔

  • ふりかけ:2.20€〜(約270円)
  • お茶漬けの素各種:2.30〜2.90€(約300〜360円)
  • 手巻き海苔10枚:5ユーロ

ふりかけは無添加のものや

ごはんに混ぜて使うおにぎり用なども含め

約25種類も揃っていました!

お茶漬けの素は、なぜか梅干茶漬けが一番安く

次が海苔、一番高いのがさけでした笑

その他そうめんや焼きそばの麺もあり、

2階まで日本食材が所狭しと並びます。

まとめ:ダントツの品揃えを誇る「京子食品」

京子食品のすごいところは、

必要な日本食材が

ほとんど手に入ることはもちろん、

1つの商品に対して必ず複数のバリエーションを

取り揃えているところです。

柿の種だけで5種類ほど、米も10種類

調味料も醤油や味噌など、

それぞれ最低3種類ずつは置いているため、

ただ日本食材を手に入れるだけでなく

好みのものを選ぶことまでできます!

日本人の店員さんが常駐しているので、

安心して来店できるのも嬉しいですね。

パリに長期滞在するなら、

一度はお世話になる「京子食品」!

輸入の関係で値段が高いのは仕方ないですが

定期的にセールも実施しているようなので、

来店する前にFacebookや公式ホームページ

チェックしてみてください!

基本情報

店舗名:京子食品

住所:46 rue des Petits Champs 75002 Paris

最寄駅:メトロ Pyramides (7番線・14番線)

営業時間:火曜~金曜 10時~20時

     日曜 11時~19時

 

0

パリ生活カテゴリの最新記事

Bitnami