モロッコの見所を2週間で制覇する最強モデルルート【定番&穴場情報】

モロッコの見所を2週間で制覇する最強モデルルート【定番&穴場情報】

こんにちは、natsumi(@natsumiinpasris)です。

今バックパッカーや女子旅で話題の旅先といえば…

モロッコ!

フォトジェニックな青の街

カラフルでかわいい雑貨、世界最大のサハラ砂漠

旅人の冒険心掻き立てる場所から

女心をくすぐるフォトジェニックスポットまで、

訪れる全ての人を魅了する国です。

しかし見所が程よく分散されているので、

どこからどう周ればいいかわからない!

とお悩みの人も多いのでは?

そこで今回は、私の実体験をもとに

2週間でモロッコの魅力を全て満喫できる

最強おすすめルートをご紹介します!

Advertisement

旅の始まりはカサブランカから

モロッコの近代都市、

カサブランカから旅はスタートします。

正直見所はマラケシュのほうが多い印象ですが、

日本から向かう場合、

カサブランカ行きのほうが圧倒的に安いため、

今回はカサブランカを旅の起点にしました。

私は1泊しかしませんでしたが、

ハッサン二世モスクや、

アフリカ最大級のモロッコモールに行きました。

↓モロッコモールのフードコートでのランチ

迷宮都市のフェズ

カサブランカからフェズへは、

電車で1回乗り換えで約4時間。

フェズ駅構内ではwifiもトイレも無料で使えて便利!

迷路のような細い通りが入り組んだメディナ。

お土産やさんが所狭しと並んでいて

私は3時間ほどかけていくつも店をまわり、

バブーシュ(モロッコ風スリッパ)と

ワンピースを購入しました!

正直迷子にならないのは無理なので、

諦めてお店の人に何度も道を尋ねながら

出口を目指しましょう笑

メディナの入り口には、

レストランがいくつも並んでいます。

ものすごい勢いで客引きしてきますが、

よりお客さんが多く入っている店を選びました。

モロッコ名物タジン!

お通し?の大量のオリーブ付きです。

インスタ映え!青の街シャウエン

フェズからシャウエンバス約4時間。

今まで写真で見ていたとおりの

美しい青の世界が目の前に広がり、

カメラのシャッターを切るのがとまりません!

むしろ写真以上に”青”で、

期待を裏切るどころか上回りました。

街自体もコンパクトで非常に観光しやすいです。

地図も持たず、カメラ片手に路地裏を散歩するのが

最高に楽しいです!

より美しい青の世界を発掘しようと、

つい夢中になってしまいますよ。

ちなみに、地元の人も普通に生活している中を

散策することになるので、

日常生活に配慮することは忘れないようにしましょう。

特にモロッコ人女性は、

カラフルな服を着ていてかわいいので

つい写真に収めたくなりますが

大体写ることを嫌がるので、

もし撮りたいなら許可を取ってからがベターです。

街中だけでなく、少し高台に上がると、

シャウエンの青の街を見下ろせるスポットがあります。

夕方になると夕日に照らされ、

日が暮れると美しい夜景が観られることから

観光客も地元民もたくさんの人が集まってきます。

一日の終わりにぜひ訪れてほしい穴場スポットです!

世界最大のパワースポット、サハラ砂漠

またフェズに戻り、

夜行バスに乗ること約10時間

サハラ砂漠への入り口の街、

メルズーガに到着。

早朝に街の中心に到着しますが、

それぞれ宿のスタッフが

続々と宿泊者をピックアップしに来ます。

宿のオーナーが作ってくれた、

モロッコ名物のクスクスが絶品!

でも風が強くて宿のwifiの

ケーブルが切れたと言われ、

メインストリートのカフェで

ミントティーを飲みながらネットサーフィンw

熱々で甘ーいミントティーは、

乾燥した土地で喉にも優しく毎食のように飲んでいました。

ちなみにメインストリートといってもかなり小規模

レストランのメニューはどこもほぼ一緒です笑

メルズーガの中心からは砂漠の山が見え、

徒歩10〜15分ほどで砂漠に着いてしまいます!

私はサハラ砂漠で年越しして

初日の出を見るのが目的だったので、

宿が催行する1泊ツアーに参加しました。

大晦日の夕方、4WDで20分ほど走り

砂漠の真ん中に到着。

ちょうどサンセットの時間だったので、

砂漠の山のてっぺんに登り

今年最後のサンセットを拝みました。

その後キャンプ地に戻って

参加者みんなでミントティを飲みながらお茶会

日中はジャケットもいらないくらい暖かいですが、

夜は一気に冷え込みます

靴下2枚履いてもマフラーつけても

ダウン2枚着ても寒くて大変でした笑

寒空だからこそ空気が澄んでいて

まわりに明かりがない砂漠では、

天の川や流星が普通に見えます。

見渡す限り美しい星空に囲まれ、

一生に一度の感動体験ができますよ。

モロッコ料理ディナーをテントの中で食べた後は、

みんなで焚き火を囲んで暖を取ります。

オランダ、イタリア、中国、ブラジル、日本…

多国籍な旅人とわいわい過ごす大晦日も楽しかったです!

ちなみにトイレ事情ですが、

私のキャンプは少し離れたテントの中に

洋式トイレがあり助かりました笑

HAPPY NEW YEAR!!!の瞬間は、

みんなでモロッコワインで乾杯して祝い大盛り上がり!

1月1日、朝4時起きでテントから出て

ラクダで初日の出を観に行きました。

なぜか欧米人は初日の出に興味がないようで

参加者は日本人のみ笑

まわりに何もない砂漠地平線から昇る初日の出は、

今まで観たどの日の出より美しく、

忘れられない思い出になりました。

秘境で探検!トドラ渓谷

メルズーガからトドラ渓谷の玄関口の小さな街、

ティネリールまではバスで4時間

モロッコ在住で有名な日本人、

ノリコさんの宿に泊まりました。

宿から徒歩10分以内で、

トドラ渓谷の入り口に着きます。

まわりを高い壁に覆われた道を

歩いていくと急にひらけてきます。

大迫力のトドラ渓谷

実はロッククライミングの聖地

一般の観光客も体験できるそうです!

私はロッククライミングをする元気がなかったので、

ハイキングに徹していました笑

少し険しい岩場を登って見下ろす、

トドラ渓谷は圧巻です。

ここで紹介したいのが、

ティネリールのバスターミナルの目の前の

穴場グルメスポット!

チキンの丸焼き200円ほどで食べられます!

店頭でぐるぐるまわりながら焼かれているチキンから

自分が食べたいものを1つ選びます。

皮はパリパリでお肉はジューシー!

フランス語オンリーで、

テンションと声が高めな店員さんが愉快なお店です笑

賑やかなグルメ&買い物天国!マラケシュ

ティネリールからバスで約8時間。

私は昼頃出発し、

アトラス山脈を越え星空を眺めながらのバス旅でした。

マラケシュで有名なのが、フナ広場。

数え切れないほどの露店が並び、

路上パフォーマンスをしている人もおり

夜になってさらに賑わいが増します。

フナ広場をカフェの屋上から一望するのもおすすめです!

露店のほとんどが魚のフライを提供しています。

日本語のギャグを駆使して

全力で客引きしてきますが、

ここでもお客さんがたくさん入っている店を信じて入ります。

テーブルにはが敷かれ、

その上に丸いパンが1人1つ置かれます。

別途ソースと魚フライを頼んだら、

フナ広場の定番ディナーの完成です!

フライは魚だけでなくイカやエビなど

いろんな魚介類が楽しめます。

他にもカタツムリ羊の脳みそ

食べられるところもあるので、

チャレンジしてみたい方はぜひ探してみてください笑

マラケシュのメディナや

フナ広場の賑やかさに少し疲れてきたら、

あのイヴサンローランも愛した、

マジョレル庭園を訪れてみてはいかがでしょうか。

一旦マラケシュの喧騒から逃れ

心を落ち着かせるにはおすすめの観光地。

最初に竹やぶから迎えられるのは意外で驚きました!

全体的に青を基調としており、

落ち着いた空間が広がっています。

フナ広場付近からもタクシーで安く行けますよ。

穴場スポット!港町のエッサウィラ

マラケシュからバスで約4時間で行ける、

穴場観光地のエッサウィラ

正直モロッコで一番気に入った街でした!

温暖な港町で冬でも半袖で過ごせるのは気持ちよかったです。

エッサウィラにも

お土産を売る通りがいくつもありますが、

モロッコでは珍しい、

値札がすでに付いている店が多く、

買い物もしやすかったです!

女性に人気のアルガンオイルも有名な場所なので、

ローズウォーターと一緒に

ばらまき土産の購入もおすすめですよ。

街のいたるところに野良猫ちゃんたちがいるので、

猫好きの方にはたまらないと思います!

マラケシュのフナ広場でもたくさん見る

生絞りオレンジジュースの屋台

エッサウィラは宣伝の仕方が一枚上手でした笑

店から頑張って営業しなくても、

自然と客寄せが成功する仕組みです笑

飲食店街にあった小汚いシーフードフライ屋さん

地元のおじちゃんたちで店内がいっぱいだったので

勇気を出して入ってみたら、

今までで一番おいしくて感動しました!

さすが港町だけあって魚はおいしいです!

やはりどこの国に行っても

地元の人でいっぱいのお店

綺麗だろうと汚かろうと味は間違いないですね!

そろそろモロッコのタジン、

クスクスばかりを食べる毎日に飽きてきて

イタリアンレストランでパスタを頼んだのですが、

人生で一番まずかった!!(もはや味がしない)

そのリベンジを賭け、

せっかく港町にいるんだからということで、

地元の市場でシーフードを安く仕入れ、

商店でパスタの材料もゲットし宿のキッチンで

トマトクリームシーフードパスタを作ったら絶品!!笑

エッサウィラでイタリアンを食べたいなら、

ぜひ自炊してみてください笑

エッサウィラの海沿いを散歩するのも

風が気持ちいいのでおすすめです!

エッサウィラの後は、マラケシュまでバス

その後鉄道に乗り換えカサブランカに戻り、

日本へ帰国するのがおすすめルートです!

移動方法はほぼ長距離バス、たまに鉄道

個人でモロッコを訪れる場合は、

基本的に長距離バスを利用することになります。

外国人観光客が利用するバス会社は主に2つ。

1つ目が、国営のスプラトゥール。

乗車する街のチケット売り場でしか

購入できないので注意が必要です。

2つ目が、民営のCTM。

スプラトゥールと違い、どこの街の窓口でも購入でき

事前にネット予約も可能です。

2つとも運行している路線もあれば

片方のみの路線もあるので、

運行路線と時間帯を比較して

どちらか選んでいました。

Supuratoursホームページ

CTMホームページ

鉄道は、マラケシュからカサブランカ間くらいしか

利用しませんでしたが、

ホームページで時刻表を確認できます。

ONCF(鉄道)のホームページ

まとめ

モロッコ2週間の旅、いかがでしたか?

観光地によってそれぞれ違った魅力と楽しみ方があり

2週間かけて周遊していても

全く飽きないのがモロッコです。

自然、食、文化、買い物…

旅で楽しみにするであろう全てのことが満喫できます!

また、電車もバスもほぼ定時で動いていたため、

旅の計画も立てやすかったので

旅行初心者にもおすすめの国です!

次の旅でぜひモロッコを訪れてみてください!

スカイスキャナーの航空券比較

0

アフリカカテゴリの最新記事

Bitnami