【保存版】ヒッチハイクの成功率が劇的に上がるコツと女性の注意点

【保存版】ヒッチハイクの成功率が劇的に上がるコツと女性の注意点

こんにちは、パリ在住フリーランスライターのnatsumi(@natsumiinparis)です。

学生時代、北は北海道、南は博多まで

10回以上はヒッチハイクを経験しました。

最近は大学生の間でもヒッチハイクをする人が増えてきたし、

「一度は挑戦してみたい!!」

と思っている人も多いのでは?

しかし実際のところ、

「本当にうまくいくの?」

「安全に楽しむにはどうすればいい?」

と始める前は不安になりますよね。

特に女性は危険なイメージもあるし

なかなか勇気が入ります。

実際経験してみてわかりましたが、

むしろ女性のほうがヒッチハイクは成功しやすいんです!

あ、男性のみなさんもご心配なく笑

コツさえ掴めば誰でもヒッチハイクは成功します!!

今回は、ヒッチハイクの成功率が劇的に上がるコツ

女性が安全に楽しくヒッチハイクをするための注意点をまとめました。

Advertisement

 

 

ヒッチハイクの5つの持ち物

全て簡単に入手できるので

最低限この5つは準備しましょう!

1. ボード

路上で掲げる大事なボードですが、

3つチョイスがあります。

1つ目は、ダンボール!

大きいし丈夫なのでドライバーにも気づいてもらいやすいです。

家から持参してもいいし、スーパーやコンビニでももらえます。

2つ目は、スケッチブック!

かさばらず1冊で何枚も使えるので便利です。

ただ、雨のときにぐちゃぐちゃになりやすいのが難点。

3つ目は、ホワイトボード!

ホワイトボードは何度も書き直せるので

1つあると重宝します。

100均でも売っているので簡単にゲットできます。

唯一の欠点は、スケッチブック同様、雨に濡れると文字が書きづらくなること。

私はいつもホワイトボード1つ

行く先々でダンボールを集めてヒッチハイクしていました!

2. マジックペン

なるべく太いものを2本くらいは用意しましょう!

3. スマホ

  • Google Mapでルートや現在地を確認
  • ドラぷらでサービスエリアの規模や道路状況を確認
  • 思い出の写真撮影

地図をわざわざ買わなくても

スマホ一台あれば十分です!

4. 笑顔

もし自分がドライバーだったとして

どんなヒッチハイカーなら乗せたいですか?

やっぱり笑顔で元気そうな人がいいですよね!

ヒッチハイカーも、

どんなドライバーが止まるかドキドキしますが、

乗せる側のドライバーも同じくらい緊張しています。

だからこそ、

どれだけドライバーに安心感を与えられるか

ヒッチハイク成功の最大の鍵なんです!

特に男性は、

逆に襲われるかもだから乗せづらい

というドライバーさんが多かったので

より笑顔を心がけましょう!!

5. メンタル

場所や天候にもよりますが

2, 3時間立ち往生することもザラです。

正直ヒッチハイクは少し苦労するくらいが

サバイバル感が出て楽しいので

あまり気にせず気楽に楽しみましょう!

笑われることだってありますが、

「人生でこんなに人に注目してもらえることなんてない!」

「私たちがきっかけで笑顔になってくれたなんて幸せだ!」

くらいに思ってください!

Advertisement

おすすめヒッチハイクポイント

ヒッチハイクポイントが悪いと

どんなに素敵な笑顔でも成功率は下がります。

3つの場所でのヒッチハイクのコツをそれぞれ紹介します

国道

一般道なら国道がベスト。

特におすすめのスポットは、

  • スーパーやコンビニの前
  • 信号の前

スーパーやコンビニの前は

駐車場に入って乗せる余裕があるからです。

信号の前は車も減速しやすいし、

50mくらい手前なら止まりやすいのでおすすめ。

車がたくさん通るのに30分以上止まってもらえない場合

場所が悪いので少し移動してもう一度試してみましょう。

インターの入り口前

長距離ヒッチハイクは

高速にいかに早くのれるかが鍵です!

基本的にインター入り口付近は

車の勢いがはんぱないので

少し手前の路肩があるところ

信号前にスタンバイします。

少し待ってみて

車が速すぎる、車線が多くて厳しいと感じたら

さらに手前に戻り止まりやすい場所を探しましょう。

東京から西方面に行くとき

用賀インターの入り口前がおすすめです。

サービスエリア

サービスエリアでは主に2つの方法があります。

1つ目は、出口で待つ。

まずはじめに試してほしい場所です。

出口の少し手前の広い道路に立ってみます。

2つ目は、建物の前or駐車場。

出口でなかなか止まらなかった場合は

建物の前でボードを持って無言の圧力笑

よく「目があっちゃったから…」

乗せてくれたドライバーさんがいました笑

それでもダメなら最終手段、

自分から声をかけます!

笑顔かつ低姿勢

「すみません、今◯◯方面にヒッチハイクしてるんですが

どちらまで行かれますか?」

と聞いてみましょう。

駐車場では目的地の方面のナンバーの車を探します。

乗用車だけでなくトラックゾーンも行ってみましょう。

トラックは会社の規定で、

ヒッチハイカーを乗せられないパターンも増えていますが、

個人経営だとむしろ何度も乗せたことがある

ベテランドライバーも多いです。

ただ長距離トラックのドライバーは

休憩中で寝ている場合も多いので

迷惑にならない程度にしましょう。

断られたり無視をされても

「ありがとうございました!」

と挨拶し、爽やかに立ち去りましょう。

全てのヒッチハイクポイントで共通するコツが、

ドライバーの目を見てボードを掲げること!

「乗せてほしい!!!」

という思いを全力で伝えるには

アイコンタクトを勝手にとるのが効果的です!

ボードの書き方のコツ

ヒッチハイクポイントによって書くべき言葉は変わります。

国道

「次の/◯◯インターまで」
「隣町の名前」

がベスト!

「とにかく◯◯へ!」

◯◯には西など、方角が入ります。

どうにもうまく行かないときの

最後の切り札です笑

東京のど真ん中で立ち往生していたとき、

最終手段で「東京脱出!!」と書いたら

神奈川に行く車が止まってくれました笑

インター前やサービスエリア


「◯◯方面」

京都に行くとしても静岡か名古屋など

とりあえず手前の都市を書いておく

止まりやすいです。

いきなり京都と書いてしまうと

京都には行かないから…

と止まってくれないパターンが多いです!

「次の/◯◯サービスエリアまで」

特にインター前では、

短距離しか進まなくても

高速に乗れるだけで断然楽になるので

近くの大きめのサービスエリアの名前を書きましょう。

いくら高速に乗れても

小さいパーキングエリアだと

そもそも車がこないし全然前に進めないので注意。

ドライバーが高速を降りる少し手前でも

規模が大きいサービスエリアで降ろしてもらうことをおすすめします。

Advertisement

女性の注意点

何があっても自己責任だからこそ、

最低限の危機意識は持ってヒッチハイクをしましょう!

女性がヒッチハイクするときの注意点を3つ紹介します。

1. 誰かと2人でやる

知り合いの女性ヒッチハイカーで

1人でバリバリやっている人もいますが

やはり何度か襲われそうになっています。

私はいつも大学の友達や旅仲間を誘って

2人でやっていました!

女2人でも1人よりは安全だし、

男女ペアだと多少暗くなってもできるので

より安心です。

大学で留学生を誘ってみるのもおもしろいです!

欧米の学生は結構フットワークも軽いし

何よりヒッチハイクは良い日本語のトレーニングにもなるので、

私は3回留学生とヒッチハイクしました!笑

留学生も、日本でレアな体験ができたと喜んでいましたよ。

2. 暗くなったらやらない

そもそもボードが見えなくなるので厳しいですが

女だけなら余計にやめましょう。

ヒッチハイクの所要時間

Google Mapの車の所要時間の約1.5倍です。

逆算して今日はどこまで行けるかを考えて

無理のないようヒッチハイクしましょう。

3. 怪しい車には乗らない

たまーにちょっと大丈夫かな?

と思う車が止まることもあります。

少しでも怪しいと思ったら

「もう少し遠くまで行く車を探してて…」

「もうちょっと休憩してから行きます!」

など言い訳をして断りましょう。

サービスエリアなどでヒッチハイクしているときは、

自分から声をかけてドライバーを探せるので

カップルや女性のドライバーにお願いするのも

1つの手です。

高速道路だと一本道なので

知らないところに連れて行かれることもありませんが

国道や高速からインターを降りた後

ある意味どこにでも連れて行けちゃうので

念のためGoogle Mapで

現在地をこまめに確認すると安心です。

まとめ

  • ヒッチハイクの持ち物
  • おすすめヒッチハイクポイントとコツ
  • ボードの書き方
  • 女性の注意点

最低限これだけ頭に入れておけば

ヒッチハイクの成功率は劇的に上がります!

いざ乗せてもらったら

自己紹介から始まり自分の話をしつつ

ドライバーさんにヒッチハイクについてどう思うか聞いたり、

とにかく「乗せてよかった!」と思ってもらえるよう

楽しく会話をしましょう!

最後はしっかりお礼を言い笑顔で見送ります。

ヒッチハイクで大事なのは

どんな状況も全力で楽しむこと!

なかなか乗せてもらえないとき、

笑われたとき…

辛いときこそ前向きに頑張れるかどうか

山あり谷ありの人生を楽しむ上でも

大事なスキルです!

金欠でも時間さえあれば

最高の冒険ができるヒッチハイク

ぜひ一歩踏み出して挑戦してみてください!

0

日本カテゴリの最新記事

Bitnami