フランス人との恋の始まりに正解はない!?自分を大切にすべき3つの理由

フランス人との恋の始まりに正解はない!?自分を大切にすべき3つの理由

こんにちは、パリ在住フリーランスライターのnatsumi(@natsumiinparis)です。

フランス人男性との恋愛の始まりについて

ネットで検索してみると、

  • 数週間〜数ヶ月間のデーティング期間がある
  • 正式な告白はない
  • 付き合う前にキスも一線を超えるのも普通

といった情報が一般的。

正直日本とは全く違うスタイルで、

戸惑っている人も多いのでは?

 

本当は抵抗があることも多いけど、

流れに身を任せてみるしかないのかな…

と不安に思っていたら、

ちょっと待ってください!

 

フランス人の恋愛スタイルのイメージが

必ずしも全員に当てはまるわけではない!

と声を大にして言いたいです。

当たり前のことかもしれませんが、

いざとなると不安になりますよね。

 

今回はフランス人との恋愛の始まりで

相手のスタイルに流されすぎず、

自分の気持ちにも正直になるべき3つの理由

フランス人とお付き合いしている

筆者の実体験をまじえてシェアしていきます!

Advertisement

 

告白文化のないフランスで関係がはっきりする瞬間

一般的にフランスでは

告白を経てカップルになるパターンは少ないです。

告白文化があるのは日本くらいだとか。

 

とはいえ、フランスでも

日本では定型文のようになっている

「好きです。付き合ってください」

とはならずとも、

別のフレーズで若干遠回しに告白

または僕たち正式にカップルってことでいいよね?

しっかり言葉で確認してくることもありえます!

 

筆者は友だち以上になりたい

みたいなことを言われました。

英語だったので細かいフレーズは覚えていませんが笑

あとは友人に彼女として紹介してもいい?

と聞かれてオフィシャルになるんだと

気づくパターンもあるそうです。

ヨーロッパ特有のデーティング期間がないことも

フランスをはじめヨーロッパでは、

数週間から2、3ヶ月くらい

デーティング期間を経てから

正式にカップルになる場合が多いです。

いわゆるお試し期間のようなもので、

はたから見ればカップル同然でも

お互いを見極める時間として一緒に過ごします。

 

筆者は出逢って数週間で

「友だち以上になりたい」と言われたので、

友だち以上恋人未満、要するに

デーティングの始まりの合図だと解釈しました。

だがしかし、その告白の数日後に

日本語で彼女と言ってきたため

まさかもうオフィシャルなの?

と勇気を出して確認してみたら、

「もちろん!むしろ何だと思ってたの?」

と驚かれる始末w

 

ヨーロッパでもデーティングに

馴染みのない人もいるようです!

早めに確認しておいてよかったと思います。

危うく筆者だけデーティングの気分で

過ごすところでした!

不安や疑問を感じたら、

落ち着いて自分たちの関係性について

確認してみると良いですね。

 

間違っても急かしたり、

責め立てるようなことのないように!

せっかくデーティング中でいい感じなのに、

男性側がもう少し時間をかけて見極めたい場合

引いてしまうこともあります。

フランス人でも付き合うまで触れてこない!?

今回特にフォーカスしたいトピックが、

フランス人は正式に付き合う前でも

スキンシップを大切にしてくる説!

 

日本人の感覚からすると、

「遊ばれてるのかな?」

不安になる女性も多いと思います。

結論から言うと、

どうしても嫌なら嫌とはっきり伝えても大丈夫!

日本では一般的でないことを説明した上で、

自分の意思表示をすることは非常に大切です。

 

というのも、筆者の場合は

付き合う前に挨拶のビズ以外は

キスどころか全く触れてきませんでした。

彼もお互いの間に明確な愛がないと

スキンシップを取る気にならないそうです。

 

希少価値なのかもしれませんが、

フランス人との恋愛が始まったら、

必ずしも付き合う前にスキンシップを

取ることになるわけではない

身をもって実感しました。

フランス人女性でも付き合って1ヶ月くらいしないと

自宅に招かないこともあるとか。

フランス人といえどかなり慎重な人もいるようです。

だからこそ、女性のみなさん、

決して無理はしないように。

自分自身を大切にすることが最優先ですよ。

 

フランス人との恋愛の始まりで、

これ以上は嫌だな…と感じたら

正直に彼に相談してみましょう。

勇気がいるとは思いますが、

あなたに本気なら真剣に耳を傾けてくれるはずです。

あとで後悔するくらいなら、

最初に話しておいたほうが良いですよね。

まとめ:フランス人も人それぞれ!自分の意思を大切に

フランス人との恋愛の始まり方も

本当に人それぞれ!

もちろん大体の傾向はあるものの、

やはり国籍だけで恋愛スタイルを

判断するのは厳しいです。

筆者も彼のまわりの恋愛事情を聞くと

十人十色なんだなと改めて気づかされます。

 

相手がどこ出身だろうと、

所詮人と人との付き合いであることを

忘れてはいけないなと感じました。

 

少しでも不安なことがあったら

自分の意思をはっきりさせた上で、

不安な気持ちは彼との

コミュニケーションで解消していくよう

心がけてみてください!

 

前述した通り、

彼が真剣なお付き合いを望んでいるなら、

話し合いに応じてくれるはずです。

もちろん彼の意見やフランスの文化への

リスペクトも忘れずに!

 

noteでは日仏カップルの日常を

日記感覚でゆるーく更新中。

ぜひあわせてご覧ください!

>>>natsumiのnote

 

0

日仏カップルカテゴリの最新記事